緊張に打ち勝とう! ~大事な場面で力を出し切るにはどうしたらいい?!~

  • 更新日:

定期テストが近づき、「テストになると緊張してしまって、実力が出せないんです……」という生徒様の声もちらほら聞こえてきます。
緊張してしまうと思った通りに力が発揮できず、また一度失敗してしまうと次にはもっと緊張してしまったり……と、どんどん自信ををなくしてしまうパターンが多いようです。
今回は、そんな「緊張」を軽減するためにできることを特集します!

その① まずは、自分が緊張していることを受けとめよう!

緊張を感じたときは「早くなんとかしなきゃ!」と焦ってしまうかもしれません。でも、焦りは禁物。
「あ、自分は今緊張しているんだな」と心のなかで呟き、自分を客観的に見てみてください。「手が震えているな」とか「肩に力が入りすぎているな」というように自分の状況を実況中継し、まずは緊張していることを受けとめてみましょう。そうすることで不思議と冷静さを取り戻せます。ぜひ試してみてくださいね!

その② 意識的に体の力を抜いてあげよう!

緊張すると呼吸が浅く速くなったり、無意識に体に力が入って強ばったりしています。
そんなときは、深呼吸やあくびを意識的に行うことで体の力を抜き、緊張を和らげることができます。ゆっくり呼吸をしながら、手をグー、パー、と握ったり開いたりするのも効果がありますよ。
スポーツの試合などで、選手が試合開始直前に深呼吸をしたり、手足をぶらぶら揺らしたりジャンプしたりしているところを見かけますよね。一流のアスリートもああやって緊張をほぐしているんですよ!

その③ もちろん「準備」が大切!

誰しも想定外のことが起きると緊張したり、パニックに陥りやすいもの。何事もまずはしっかり準備をしておくのが大前提です!
例えばテストや試験直前、これまで勉強に使ったノートや参考書など「頑張って準備した証拠」を手元に置き、パラパラと見返してみましょう。本番直前に自分がこれまで行ってきた準備を振り返ることで、「これだけ頑張ったから大丈夫!」と自信がわき、心に余裕が生まれます。
また、入試対策として模試を受験して本番の雰囲気に慣れておく、などということも重要な対策のひとつです。ブイステージでも「新潟県統一模試」の受験を受け付けていますのでご活用ください!

緊張するのは、「失敗したくない=良い結果を出したい」という気持ちがあるからこそ。
前向きにとらえて上手に付き合っていきましょう!!

LINEで送る